20代は、いわゆる大人の美容の入り口ですよね!今必要なケアと、やがてくるお肌の曲がり角に備え、どんな化粧品を使っていけばいいのですか?

こんな20代女性のご相談をうけて…20代の女性の肌に効果が実感でき、しかも安全な基礎化粧品を調べてみました!

20代の女性、特に20代前半の女性の肌は、若くてピチピチ…、特にケアなんて必要ないくらいですよね。

目に見える肌の悩みも少なく、多少無理をしても肌の表面にはすぐに現れてきません。

20代は皮脂の分泌が盛んなので、特にケアをしなくても、くすみやほうれい線、小じわなど目に見える変化は少ないのです。

このため、肌のケアより、どうしても外観を引き立て、取りつくろうメイクに関心がいきがちになります。

そして、過度なメイクやファンデの結果、肌を痛めたり、刺激の強い洗顔料や化粧品で肌へダメージを与えたり…と言った間違ったスキンケアで肌のトラブルを引き起こすケースが多々有ります。

具体的には、乾燥肌と敏感肌となって現れ、「肌のハリがなくなった」、「化粧水の入りが悪くなった」など、これまでなかった肌の衰えを感じるようになります。

20代で増えている…テカリや毛穴の開きなど皮脂の悩み…後半に「お肌の曲がり角?」

このような、30代に訪れるといわれる、いわゆる「お肌の曲がり角」のサインが、20代後半にすでに現れるという方が、最近、増えているといわれてます。

また、20代女性の肌の悩みで多いのは、化粧崩れの原因になるテカリや毛穴の開きなど皮脂の悩みです。

しかし、皮脂対策として自分で良かれと思ってやっていることが、高価なクリームで不要な油分を与えるなど、その場しのぎで逆効果になることもあります。

乾燥肌、オイリー肌、どちらでも、自然治癒力が最も高いこの年代適切なケアさえ行えば必ず改善、効果はでてきます。

ここで大事なことは、少しでも正しいスキンケアの知識…自分の肌に必要なケアは何かを正しく知ることです。

20代前半の肌とスキンケア

20代前半の肌の特徴は…

20代前半は、これといったスキントラブルもなく一番状態の良い時期と言えます。

10代の時には成長期でホルモンバランスの乱れからニキビができやすかった方も、20代前半になると肌の状態も落ち着き、女性の場合最もきれいな状態が続きます。

特長としては、水分と皮脂のバランスが保たれるので、バリア機能にも優れ肌はみずみずしくシミやしわなどもまだ発生しにくいため、化粧乗りが良いのも特長です。

肌のタイプはオイリースキン、ドライスキン、デリケートスキンなどに分かれますので、20代と言ってもスキンタイプに合わせた化粧品選びが必要となります。

オイリースキンの方にはあまりリッチな質感の化粧品を使うとニキビや皮脂トラブルが出ることがありますので、油分をあまり含まないタイプの化粧品使い、ファンデーションも崩れにくいタイプを使用すると良いでしょう。

皮脂が気になる場合は部分用下地を使い、崩れにくい仕上がりにするのがポイントです。

ドライスキンの場合は保湿を重視したケアをすることで、かさつきにくく美しいコンディションを維持することができます。

最近多いのがデリケートスキンです

これは、様々な刺激に弱いタイプの肌で、化粧品選びにも注意が必要です。

ポイントとしては、添加物を含まないタイプをえらぶことです。

香料や着色料、鉱物油といった添加物は刺激になりやすいため、そのような添加物を含まない化粧品を使用することがトラブルを防ぐためのコツです。

デリケートスキン用の化粧品は様々なメーカーから販売されていますので、サンプルから使用してみるのがおすすめです。

デリケートスキンの方には、パッチテストが有効です。

パッチテストとは、新しい化粧品を試すときに目立たない部分に塗布し、一定時間以上経ってからアレルギーが出ていないか確認する方法で、デリケートスキンの方が新しい化粧品を試すときにに有効な方法です。

20代の方でアトピー性皮膚炎の方は、炎症がひどい場合皮膚科での治療が必要なケースがあります。

薬をつかったり、日常生活の注意点を守るなどの工夫をすることで、多くの症例で症状が改善されていますので、炎症がある場合は皮膚科の医師に相談することをお勧めします。

状態が良くなって来たらドクターズコスメの低刺激化粧品から使用し始めると良いでしょう。

ドクターズコスメは、低刺激で最新の美容成分が配合されているのが特長です。 購入は皮膚科かネット通販が便利です。

20代前半の肌のトラブル…

20代前半の肌トラブルで多いのは、皮脂の過剰分泌によるニキビや毛穴のよごれ、Tゾーンのテカリではないでしょうか。

20代前半といえば、まだまだお肌のうるおいは保たれていますし、とはいっても皮脂の分泌は盛んです。

もともと乾燥肌の方はあまり気にならないかもしれませんが、10代でニキビやオイリースキン、毛穴の黒ずみに悩まされた方は20代でも引き続き同じような肌トラブルに見舞われるケースが多く見られます。

10代のころは多くの方がニキビやオイリースキンに悩まされますが、たいていの場合は大人になると皮脂の分泌量が落ち着くため、深刻なニキビは改善する傾向にあります。

ですが中には大人になってもニキビやオイリースキンが治らず、更にひどくなってしまうケースもみられます。

20歳を過ぎると就職をして生活スタイルが変化することもあいまって、ホルモンバランスが狂ったり崩れたりすることからニキビが出来てしまうことがありますので、大人のニキビには生活習慣の改善が必要です。

ホルモンバランスは目には見えませんが、バランスが崩れると顔中にニキビができることがあります。

ニキビの治療は皮膚科で受けることができますが、大人のニキビは治りにくいので注意が必要です。

市販の薬や保険治療で処方された薬を使ってもニキビが治らない場合は、ホルモン療法が有効なケースが見られます。

ホルモン療法は大人のニキビの治療を得意とするクリニックで行っています。

クリニックで大人のニキビの治療を受ける際は、健康保険は使うことができませんが、皮膚科の一般診療で治らなかったニキビが治る症例が多く確認されていますので、大人のニキビに悩まされている方はホルモン療法がおすすめです。

大人のニキビがあると、お化粧乗りも悪くなりますし、お化粧で完ぺきに隠すこともできません。

ファンデーションを使うと余計にニキビが悪化してしまい悪循環になってしまいます。 放置して悪化させるとクレーターや色素沈着状の跡が残ることがありますので、ニキビが

できたら早めに治療をするのが効果的です。

その他、20代の肌トラブルで多いのが、目元や口元の乾燥です。

これは、乾燥肌の方に多く見られる症状ですので、気になる方は保湿パックや目元専用美容液を使うなどしたケアをするのが良いでしょう。

早期に乾燥の対策をすることで、将来的にシミやしわができるのを防ぐことができます。

化粧品も、乾燥肌用のタイプを使うと良いでしょう。

20代前半のスキンケアのポイントは…?!

20代前半は、比較的肌のトラブルが少ない時期と言えます。

10代のころはホルモンバランスも不安定でニキビができやすいなどの肌トラブルも見られますが、20代になると肌の状態も安定してくるので、肌が最も美しい時期と言っても過言ではありません。

20代前半の時期の肌をより美しい状態に保つためには、スキンケアが重要です。

20代のスキンケアで重要なのは、保湿やUVケア、クレンジングが挙げられます。

特にまだまだ皮脂の分泌が活発な20代前半の肌は、日頃しっかりとしたクレンジングを行うことでより美しく保つことができます。

特にTゾーンは毛穴に汚れがたまりやすいので、クレンジングミルクなどをつかってマッサージし、余分な皮脂がたまらないよう工夫すると良いでしょう。

鼻の角栓が気になるときには、パックが有効です。

剥がすタイプのパックは角栓を強力に除去する効果が期待できます。

一週間に一回程度の使用で鼻につまった角栓をきれいにすることができますので、気になるようでしたらケア用品をそろえることをお勧めします。

角栓がたまらないようなケアも有効ですので、毎日のクレンジングではホットタオルやスチーマーを利用して毛穴を開かせてからクレンジングを行うようにすると汚れが落ちやすくなります。

Tゾーンはべたつくのに目の周りや口の周りは乾燥するといった混合肌は、保湿に重点を置いたケアで肌の悩みを解消できる可能性があります。

肌はうるおいが足りていないと、余計に皮脂が分泌されることがあります。

肌が乾いたと感じる前に、こまめに保湿をしたり、シートマスクを利用したスペシャルケアで、うるおい肌を維持することで余分な皮脂が浮いてくるのを防ぐことができます。

20代の肌の保湿ケアは、それほど高価な化粧品でなくても十分効果的です。

安い化粧水でも良いのでたっぷりと使用して肌にしみ込ませるケアを続けることで、しわやくすみのない美しい肌に導くことができます。

美顔器も有効です。

美顔器は、イオン導出機能で肌をディープクレンジングする機能がありますので、洗顔やクレンジングでは落とすことのできない汚れをイオンの力で吸着させて肌をクリーンにすることができます。

その後、イオン導入で美肌成分を肌の奥深くまで浸透させます。

イオン導入は、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸などが入った美容液が良いでしょう。

通常通り使うよりも美顔器でのイオン導入のほうが有効成分が浸透しやすいので、スペシャルケアに加えるのがおすすめです。

20代後半の肌とスキンケア

20代後半の肌の特徴は…

20代後半の肌の特徴は、まだまだ皮脂や水分量は不足するまではいかないものの、寝不足や疲れがたまると肌にはりを感じることができなくなったり、しみやしわが気になってくる頃でもあります。

10代のころのような肌のはりはないですが、皮脂の分泌も急激に減少はしませんし、しっかりお手入れをしていれば十分に肌の美しさを維持できるのが20代のころの特長と言えるでしょう。

20代後半に必要なスキンケアとして、保湿が挙げられます。

ヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲンやアミノ酸など有効成分が配合された化粧品を使って洗顔後はしっかりとした保湿を行う必要があります。

流行のオールインワンゲルもおすすめです。

朝や夜の時間が惜しい時でも化粧水や乳液、美容液などの成分が一つになったオールインワンゲルなら時間をかけずにスキンケアをすることができます。

又、スキンケア同様大切なのが紫外線対策です。

20代になると、しみやしわができやすくなり、後半になるとその傾向は一気に加速していきます。

紫外線対策を怠ると、トラブルが発生する可能性が高くなりますので注意が必要です。 紫外線対策として有効なのは、毎日使用するUVカット化粧品です。

例えば、朝起きてスキンケアを終えた後、すぐにUVカット効果のあるBBクリームやCCクリームを塗ってしまえば、ファンデーションを塗る必要もなくなるため時短美容にもつながりますし、紫外線防止効果も高いので一石二鳥です。

紫外線は浴びすぎるとしみやしわを確実に増加させることがわかっていますので、朝起きてから日が暮れるまで気を抜かずにケアすることが必要です。

室内にも紫外線は差し込むため、外出する時だけでなく朝起きたらすぐにUVカット効果のあるクリームを塗るのが良いでしょう。

若い時はトラブルが無くても年齢を重ねると徐々にしみやしわが増加する原因となります。

しみやしわができてしまうと消すのは難しいですし費用もかさみます。

あとになってあわてずにすむように毎日マイルドなUVクリームでかまいませんので、継続して使用する習慣をつけると良いでしょう。

SPF値はそれほど高いものでなくても構いません。

むしろ、高すぎると刺激になることもありますので、SPF20程度のものが最適です。 夏の紫外線が強い時期はこまめに塗りなおしたり、ウォータープルーフタイプを使用するなどの工夫をすると効果的です。

デリケートスキンの方は、低刺激タイプを使うのがおすすめです。

20代後半のスキンケアのポイントは…?!

20代後半になると少しずつ肌トラブルが増えたり、悩みが出てくることがあります。

今気になる肌トラブルは20代のうちに解消して、歳を重ねても美しい肌になるようにしていきます。特別なスキンケアではなく、毎日の丁寧なスキンケアで20代の若々しい肌を手に入れます。

20代後半の輝きを引き出すためには、まずしっかりクレンジングや洗顔をします。肌に皮脂や汚れが残っているとトラブルの原因になり、メイクが目元に残っているとくすみやクマの原因にもなります。

メイクをしているときには目元専用のクレンジング剤を使って、濃いアイラインやアイシャドーを落とします。マスカラは指先で落とすことが難しい部分なので、綿棒を使って落とします。

何度もすすぐようにして、肌にクレンジング剤が残らないように注意します。

次に洗顔料を手にとって、しっかり泡立てます。ぬるま湯を少しずつ加えながら、ある程度時間を掛けて泡立てます。

泡を転がすようにして、皮脂や汚れを落とします。

洗顔料もしっかり落として、化粧水で水分を与えます。

化粧水は肌表面の角質に水分を与えて、肌をふっくらさせる役割があります。

化粧水を馴染ませることで美容液の浸透が良くなります。

コットンや手に化粧水をとったら、優しく肌に馴染ませます。

小鼻や目元、口元など細かい部分にも馴染ませるようにします。

さらに美容液で足りない栄養を与えて、自分の肌が必要としている成分を補います。

おでこや両頬など顔の広い部分から馴染ませて、押さえるように滑らせます。

乾燥しやすい目元や口元は美容液を重ねて、保湿をします。

乳液を最後に塗って、油分を補給しておきます。

オイリー肌の人も乾燥を防ぐために、油分も必ず与えるようにします。

午後になるとテカリが気になる世代でもあり、化粧崩れが起こりやすい年齢でもあります。

これは皮脂が過剰に分泌されているのが原因で、乾燥を防ぐために皮脂が分泌されているケースが多いです。

放置していると化粧崩れの原因になり、綺麗に仕上げたメイクが崩れます。

毎朝のスキンケアにコットンパックを取り入れて、水分を補給するようにします。

コットンに化粧水を染み込ませて、テカリやすい鼻筋や小鼻、頬の周辺に置きます。

良く馴染むまでそのままにして、数分間だけパックします。その後に乳液を馴染ませて、さらに乾燥を防ぎます。

毎朝続けることが大切で、メイク前にはパックをして肌の状態を整えておくようにします。

20代のための化粧品選びのポイント

10代の頃のお肌にはたっぷりの水分が含まれているので、ローションや美容液でうるおいを与えなくても、みずみずしい肌の状態が続きます。

10代の肌の悩みで多いのはニキビなので、べたつかない感触の脂性肌用や、ニキビ対策用のローションや乳液を使えば、お肌の調子が整い、ツルツルとしたなめらかな肌をキープ出来ます。

20代になっても、皮脂の分泌が活発なままの人は多いので、ニキビに悩まされやすいですが、そのような人が化粧品を選ぶポイントは10代の頃と同じで良いでしょう。

皮脂の分泌が活発で、お肌がべたつきやすい人は、脂性肌用やニキビ対策用のローションや乳液を使って、ニキビの出来にくい肌にするようにしてください。

ニキビ用の洗顔料を使い、洗顔後は出来るだけ優しくタオルで拭いて、間違ってもゴシゴシとこするようなことはしないようにしましょう。

皮膚にそのような刺激を与えると、摩擦で症状が悪化しますから、洗顔するときはあくまでソフトに行うことが大切です。

そうすればニキビ痕も出来にくくなり、なめらかな肌を保てます。

洗顔後はきちんと保湿し、お肌からうるおいを逃がさないようにすれば、ニキビを対策することが出来ます。


20代後半になると、お肌の曲がり角が訪れるので、大体25歳を過ぎたら、これまで使っていた化粧品を見直す必要があります。

ニキビが昔に比べると治りにくくなったり、紫外線による日焼けで、数年後にシミやそばかすが大量にあらわれる可能性があるので、しっかりケアしなければなりません。

特にシミやそばかすが一度できると、なかなか消せなくなるので、それを防ぎたい人は、ビタミンC誘導体などの美白成分を配合した化粧品を選ぶのがポイントです。

また10代や20代前半の頃と比べると、20代後半の肌は乾燥しやすくなるので、そのための対策を行う必要があります。

ヒアルロン酸やコラーゲンなどの生成量が減ってしまうため、お肌に十分な水分が行き渡らなくなります。

すると、肌本来が持つバリア機能が衰えるので、保湿成分をたっぷり配合したローションや乳液で補わなくてはなりません。

ローションや乳液を付けるだけではすぐに乾燥してしまうという方は、上から高濃度の保湿クリームを塗ることでフタをして、水分をしっかりと閉じ込めるようにしてください。

すると乾燥しにくくなるので、みずみずしい肌の状態を長続きさせられます。

20代の女性には、就職や結婚、妊娠、出産などの転機があり、ストレスやホルモンバランスの乱れなどで、肌の状態が変化しやすいので、状態に応じて化粧品を切り替え、ケアするようにしましょう。

自分にあった適切な化粧品を選ぶ…

以上、20代の前半と後半での肌の特徴とスキンケア、化粧品選びのポイントについて述べてきました。

そして、最終的には、自分にあった適切な化粧品を選ぶことが求められます。

それによって、自分の肌に合った化粧品によるスキンケアをこまめに行なえば、加齢がすすむにつれて肌の回復が難しくなる年代になっても、不要なダメージを持ちこさずに済むことになります。

とはいっても、「自分にあった適切な化粧品を選ぶ」ということは、簡単ではありません。

そこで、その参考になればと思い、サイト独自で20代におすすめの人気化粧品を調べてみました。

愛用者のクチコミやレビュー、売れ筋情報、リピート率、モニター調査など、独自の調査でランキングしてみました。

化粧品  20代へおすすめ  人気ランキング
  • ライスフォース  ([薬用]深層保湿スキンケア)  トライアルセット

    ライスフォーストライアルセットの画像

    白米から抽出したライスパワーエキスを高配合した化粧品です。

    お米のチカラが、皮膚の深層部まで浸透し、ヒアルロン酸やコラーゲンなどが届かない角質層をうるおわせ、保湿力を長時間キープします。

    さらに、ライスパワーエキスがメラニンの生成を抑制し、透明感あふれる明るい肌を実感させ、特に20代に必要なUVケアで美白効果も実感できます。(5点セット)

    このため、自ら潤う肌を作る、エステ級コスメとして、なにかと忙しくて、ケアに手間ひまかけられない多くの方々の支持を得ています。

    高品質が認められ、ハワイの一流ホテルのスパでデビューし、芸能界1,103人以上が絶賛するモデル・ヘアメイクの必須となっています。これまでの販売累計が1200万本を突破!

    愛用者の実感も、「うるおい満足度…97%」「キメが整った…99%」「ハリ・弾力…91%」「毛穴の開きが目立たなくなった…89%」など、高い満足度をしめす逸品です。

    今なら、気軽に試せる化粧水・美容液・クリームの基本3点セット、紫外線対策+美白ケアも試せるお得な5点セットが、WEB限定の80%OFFの特別価格・送料無料・全額返金保証付きで提供されています。




  • アルケミー・トライアルセット    (レクシア)

    アルケミー・トライアルセットの画像

    酵母発酵エキスでうるおい・弾む肌をめざす発酵スキンケアです。

    特に、20代後半から表れる肌の悩み…毛穴の開き、ハリ不足、テカリ、うるおい不足…などをトータルカバーし、うるおいと弾力アップを実感させます。

    独自に開発された酵母発酵エキスVEGAL(R)は、 日本酒を作る杜氏の手がきめ細やかでみずみずしいことにヒントを得て開発。

    これまでにない画期的な成分で、浸透性を追及することで、肌にスムーズかつシームレスに働きかける優れた保湿性、弾力性、浸透性(角質層まで)が特徴で、たっぷりとうるおったハリ肌を実感させてくれます。

    愛用者の声も「す~と肌になじむ感覚…うるおった肌を求める方におすすめです!(26才・乾燥肌)「化粧くずれがなくなり、化粧ノリもよく長持ち…!(27才・混合肌)」など好評です。

    多くのメディアでも、「実力派スキンケア」として取り上げられ評判です。

    ただ今、トライアルセット( ◆ メイク落とし ◆洗顔料 ◆化粧水 ◆美容液 ◆クリームの5点でたっぷり1週間分 )が、お得な66%OFF!の特別価格で送料無料で提供されています。



  • アクアフォース  特別セット  (オルビス)

    アクアフォースうるおい体験セットの画像

    オルビスが提供する保湿力を高める貯水スキンケアの特別セットです。

    20代に多くみられる表面はテカテカなのに、中はカサカサ…いわゆる「隠れ乾燥肌(インナードライ肌)」には、水分をあたえるだけではダメ…角質層そのものに水を貯める…これに成功したのがアクアフォースです。 このため、普通の保湿と違って、肌を、深く、濃く、長くうるおし、保湿満タンのプリプリ肌を実感させます。 すでに体験された方のレポートも、「いろんな化粧水を試したが合わないで肌荒れを起こしていたが、初めて使い続けられている…」(20代前半・敏感肌)「エアコン環境でも、全く乾燥しない…」(20代後半)などと好評で、20代~30代のオルビス売上のNo.1スキンケアです。

    美容専門家のなかでも「水の心地よさを実感するスキンケア…!」と注目されて発売以来1,900万個以上の販売実績をもっています。

    今なら、初回の方限定キャンペーン中で、オルビス人気No.1のアクアフォースローション+うるおい体験セット+好きなサンプルを選べるアクアフォース特別セット特別価格!送料無料・30日以内返品交換OKなどのサービス付きで提供されています。



20代のスキンケアは、年齢にあったケアをすることが大事です!

20代からの化粧品はなんといっても保湿がカギを握ります。

化粧は外出しないときでも、基礎化粧くらいは毎日するのがマナーであり、大人の流儀です。


若いと、肌にニキビが多くできてしまうので、年齢にあったスキンケアが大事です。

若くて皮脂が活発になるので、どうしてもほっぺにニキビなどが出来てしまうことが増えますが、しっかりと洗顔をして、肌を清潔に保つことが大事です。

しっとりタイプやさっぱりタイプに大きく分けられますが、若い20代はさっぱりタイプが肌質としても合っているでしょう。


化粧品は、まずはお肌を潤わせるためにホホバオイルなどを顔にひたします。

1滴または2滴で十分ですので、顔一面に塗ります。

それから朝のスキンケアとして、化粧水をたっぷりと顔につけます。

化粧水は多すぎると感じるくらいでちょうどいいです。

日中は紫外線が多いので、その後は、UV機能のある日焼け止めか化粧下地を付けます。

そして、ファンデーションをつけます。

色は、首の下の色と同じようになるようにします。

白すぎても、黄色すぎてもおかしいです。自分にあった色を選びましょう。


若い世代はあまり気になりませんが、これが30代40代となると、目元や口元にハリがなくなり、シワが増えます。

そのときは、目元や口元にたっぷりと化粧水をつけて潤わせることが大切です。

若いうちは、年齢を重ねたときに肌トラブルが生じないように、若いうちからスキンケアをしっかりしておくことが大事です。

日ごろの積み重ねが年齢を重ねたときに効いてくるのです。


メイクはクレンジングでしっかり落とします。

化粧の落とし忘れは肌のトラブルの元です。

洗顔もしっかりします。

そして、夜もまた同じように化粧水をたっぷりとつけます。

それから夜用の保湿乳液をつけます。

寝ている間に肌を休ませ、回復させることが必要なので、しっかりスキンケアをします。

20代の若い肌でも、化粧を重ねると肌がそれなりに疲れますので、しっかり肌を回復させることが大切です。

睡眠は肌にとって一番の効果があるものです。

夜の10時から朝の2時は黄金時間なので、できるだけこの時間に就寝をするように心がけましょう。

しっかり睡眠をとると、翌朝の肌のイキイキさが違います。

肌にとって、正しいスキンケアとバランスのよい食事と適切な睡眠時間は必須条件です。

どれが欠けても美容的にはマイナスですし、健康とは言えません。若いうちから保湿をしっかりして、肌を大切にしましょう。


■化粧品20代へおすすめ@人気ランキング…について…■

掲載のランキングは、サイト独自で調査した結果ですので、そのあたりは、ご了承いただきますようお願い致します。


20代の女性の肌は、怖いもの知らずのように少々無理をしてもすぐに回復するものですが、多くの人は、やがて、「近ごろちょっとヘン」というような肌のトラブルに見舞われることになります。

そこで、大切なことは、20代の自分の肌ケアに合った、そして、将来を見据えたスキンケアができる化粧品をえらびこまめにケアをするということです。

それが、やがてくるエイジングの波を効果的に乗り切っていく道へとつながっていくといっていいでしょう。


このサイトが、その一助となれば幸いです。

.

■ サイト・コンテンツ ■

ページの先頭へ